インフルエンザワクチンはいらない

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、おすすめ本 『インフルエンザワクチンはいらない』を紹介します。


20220502.jpg
  【出版社】 双葉新書
  【著者名】 母里 啓子
  【出版日】 2010年12月
  【価 格】 800円(税別)
  【対象者】 中級者





『 インフルエンザワクチンは、
  どのように作っても効かないワクチンです。

  インフルエンザウイルスは変異の早いウイルス。
  ですから、同じウイルスを使って
  ワクチンを作り続けることはできません。
  毎年、ウイルスが大きく変異するから
  毎年流行するのです。
  その変異に合わせたワクチンでなければ
  効果はありません。

  いつのまにか世界の一大産業となった
  インフルエンザワクチン。
  この効くわけのないワクチンの産業としての育成を、
  いったい誰がどうやって進めてきたのか。
  インフルエンザワクチンの歴史を
  ふりかえってみたいと思います。 』[はじめに]より


 私たちにとっては、生活を守るのが[目的]で、ワクチン接種は[手段]であった。(一方)ワクチン産業にとっては、ワクチン接種は[目的]であった。目標達成(売上向上)のために、ワクチン産業は営利努力を重ねた。

(気づくと)私たちにとっても、ワクチン接種という[手段]が[目的]になっている。私たちは、ワクチンの有効性も、有毒性も、自分の頭で考えなくなっている。





■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
【ドウダンツツジ】ドウダンツツジの花が、新緑に映えます。朝露に来訪者です。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2022年05月02日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック