ガソリン受益者負担崩れる

こんにちは、自分年金・実践者佐藤光一(ピカイチ先生)です。
2001年に生活設計を見直し、資産運用を始めました。
今回は、『ガソリン受益者負担崩れる』について考えました。


    ガソリン受益者負担崩れる 

 あるシステム屋から教わった。

「日経新聞(5/18)によると、」
「政府は17日、2022年度補正予算を閣議決定した」
「ガソリン補助金は、」
「約1兆2000億円が一般会計に計上された」
「『ガソリン受益者負担崩れる』とのこと」

「(ガソリン補助金の)当初の893億円は、」
「エネルギー対策特別会計から拠出していた」
「エネルギー特会の財源は石油石炭税で、」
「ガソリンなどの利用者が間接的に負担する」
「補助金で恩恵を受ける人が、財源を負担していた」

「特会の財源を使い切ってからは、」
「一般会計からの拠出となった」
「消費税などの税収と国債が財源となった、とのこと」

「(残念だが)」
「受益者負担というシステムの[原則]が崩れた」
「アルゴリズム(手順の原則)が崩れたシステムは、」
「新しいシステムへの交換が必要となる」
「新しいアルゴリズムへの切替が必要となる」

「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

「アルゴリズムを変えるには、何が必要かな?」
「(例えば)天動説から地動説に変えるように・・・」




■わが家の除染奮闘記
 南相馬に戻り、只今『除染』作業中です。
 その様子を日記で紹介しています。(→こちら

■今日の記念写真
【ジャガイモ】ジャガイモの花が、咲きました。私は男爵です。(→こちら

■Iターン田舎暮らし
 1994年に東京を離れ、始めた田舎暮らし。
 これまでに、庭先に根付いた仲間たち。
 その様子を、写真で紹介しています。
 個性豊かな、「庭先で出逢える、わが家の仲間たち」です。

■佐藤光一の自己紹介
 ネット通勤・実践者として事業の側面から、自分年金・実践者として家計の側面から、事業と家計のトータル管理を実践。「ピカイチ生活経営塾」主宰。



この日記は、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


(2022年05月23日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック